夏のイメージづくり

夏は暑いので、暑苦しさを感じさせないものにしましょう。

色は白、青など涼やかなもの、緑やオレンジ、黄色などビビッとな色を使うと元気いっぱいな雰囲気のディスプレイになるかと思います。

風鈴やガラスの小物も夏のイメージです。

夏の風物詩もたくさんあります。思いつく限り書き出してみましょう。

風鈴、ガラス、ひまわり、すだれ、かき氷、すいか、海水浴、花火、浴衣など。

海をテーマにしたものも夏っぽいかと思います。

クリアケースや透明なプラスチックの箱などをディスプレイに使うと涼しげで良いのではないでしょうか。

基本、夏は涼しさを感じさせるディスプレイにすると良いかと思います。

ビー玉やカラーストーンなどで、透け感のあるものを彩りに使うのも爽やかさが出るかと思います。

全体的にブルー系にすると夏っぽいです。

素材も麻や麦わら帽子やすだれのようなものを使うのも涼しさを演出してくれるかと思います。

花はひまわりがわかりやすいのかもしれませんね。

暑苦しさを感じさせないように注意しながら、商品を陳列してください。

今の日本の夏は強烈に暑くなりましたから、店舗全体を涼しくみえるようにレイアウトを変えるということも考えてみるのも良いかと思います。

また、夏は東京オリンピックが開かれるということもあり、外国からのお客さまへのアプローチとして花火や浴衣、夏祭りというような和風を前面に押し出すのも良いかもしれません。

基本は商品を売ることです。商品が暑苦しくなっては元も子もありません。

夏仕様の商品があるならばそれを目立つように、また季節に関係ないものなら、暑い夏でどう使うかという提案をしてみると、お客さまの目に新鮮に映るのではないかと思います。

夏はどうしても売上が落ちると言います。創意工夫で涼しげ店舗にしてお客さまを呼び込みましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です