リースと割賦

店舗の開業にあたり、資金繰りを安定させるための策として、リースと割賦を活用するという方法があげられるようです。これは、施工時だけのメリットではなく、施工後も多くのメリットがあるとされるため、検討しても損はないと言えるのではないでしょうか。まず一番のメリットとして、リースにより購入資金を抑えるため、その分の費用を運転資金や事業資金に充当できると言えるでしょう。例えば、内装工事の費用や、機械設備の購入資金をリースにて調達できれば、開業時に不安のない運転資金を確保しておくことが可能と言えるでしょう。二つめのメリットは、適切な期間に利用すれば、機械設備の老朽化を免れると言えるでしょう。近年、技術革新の目覚ましい機械設備は、耐用年数に満たないうちに旧式化してしまうと言った可能性も考えられるでしょう。しかし、リース期間を適切に設定することで、常に最新の機械設備を使用することが可能と言えるのではないでしょうか。つまり、購入による機械設備の陳腐化や老朽化を初めから回避することができると言えるでしょう。さらに、三つ目のメリットとして、リース料は経費として処理できるため、経理事務の負担を軽減できると言った点も挙げられるでしょう。つまり、予算枠ではない機械設備であっても、必要な時に導入するということが可能と言えるでしょう。また、機械設備を購入した際に必要となる、減価償却、固定資産税の申告納付、保険契約、資産処分等と言った事務手続きは一切必要ないとされています。支払いはリース料のみのため、経理事務の負担を大幅に軽減できるというのも大きなメリットと言えるのではないでしょうか。是非、店舗デザインの際、こう言った検討も合わせて行えると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です