店舗デザインの実際

デザインの依頼先は設計事務所です。事務所が抱えるデザイナーが内装をイメージして図面を作成します。この図面が施工会社に渡るといよいよ工事が始まります。

 

設計事務所は各々に特徴があり、住宅のデザインに詳しい事務所もあれば、商業施設にデザインに特化した事務所もあります。
また長年飲食店のデザインを請け負っている事務所のような専門色の濃い業者もあれば、内装のみならず、ロゴやパッケージデザインまで総合的に提供する事務所も存在します。

ところで設計士と建築士とは異なります。建築士はグラウンドの上に建物を建築する時点から関わる職で、専門職としての資格を要します。それに対し、設計士(デザイナー)は建築物の内装のデザインを手掛ける限りにおいて、資格を要しません。

 

店舗を完成させるまでのプロセスとしては、まず設計会社と打ち合わせをします。店舗経営者はコンセプトと予算を伝えます。

次に打ち合わせの内容をデザイナーがスケッチし、3Dとして具現化します。この時、イメージとの齟齬が無いか、経営者とデザイナーとが頻繁に確認し合います。デザインがイメージに合致したものであっても、経営者として予算オーバーの思案は却下することもあるでしょう。

またデザインの依頼に慣れている経営者の場合は特にデザインコンペを行うことも多いようです。いくつかのデザイン事務所にイメージを伝えてそれぞれにスケッチ代とパース代のみを支払い、その中から最適なデザインを選択した上で正式に契約するのです。

 

続いての段階はデザインの具体的な設計への落とし込みです。
ここではデザイナーも自己満足の設計に執心することはできず、あくまでも予算内で素材等を選定し、設計図を練り上げます。

この設計図を施工会社に回すのですが、施工会社はデザイン会社が紹介してくれることが多くあります。
もちろん経営者自身のつてで選ぶこともできますが、幾つかの施工会社を比較検討する際に、見積もりを正しく読み取れる経営者は多くありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です