居抜き物件のデメリット

居抜き物件を借りて開業する場合、思わぬ落とし穴に四苦八苦する新借主・購入者も少なくありません。

例えば飲食店を開こうと考えているのに、ガスや電気の容量が足りなくて困ることもあります。
その場合は当然ながら設備の新設工事が必要になります。
この工事費用は馬鹿にできません。自分で調べることが叶わなければ、忘れずに業者に調査をお願いしましょう。

飲食店やカフェを開業する場合、厨房区画の設計は命綱ともいえます。居抜き物件を利用する場合、グリストラップや水道管をどう配備するのかという開店後のイメージに合わせたリフォーム工事が行われますが、現状とイメージとの齟齬が複雑であればあるほど、工事費用は跳ね上がります。変更の仕方に他の選択肢はないのか、本当に変更する必要があるのか等、深慮することは欠かせません。この時点で居抜き物件からスケルトン物件に変更を余儀なくされる人もいるでしょう。

飲食店であれば厨房機器が問題なく使用できるかどうかはチェックする必要があります。
前の所有者が譲り渡すほどの中古品なのですから当然です。購入時は問題なく作動したのに、数か月後に全く動かなくなるようなケースもあります。大事なことは、年季の入った設備であれば、前の所有者にその使用年数を尋ねておくことです。プロが使用する調理器具等は、凡の使用可能年数が割り出せます。

さて、居抜き物件の陥穽ともいえるのが、その物件がなぜ居抜きなのかという点です。
売り手が前の店の悪評を包み隠さず伝えることなどまずありません。その店の評判がどうであったのかは、購入者自身が調べなければなりません。近所の方や不動産業者が評判を掴んでいることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です