照明いろいろ

照明プランを考えるときのポイントを見ていきましょう。

照明は、店舗デザインの肝といえます。
雰囲気、居心地はもちろん、料理や商品を美しく見せてくれます。
現在はSNSに投稿されることが売上に大きく貢献してくれる時代。
店や料理、商品の見た目は何よりも大切であり、照明はそれらを照らし出すだけでなく、店舗の将来も握っているといえるでしょう。

ではどんなところを気にして照明を選べばいいのでしょうか。
まず「明るさ(照度)」です。
Lux(ルクス)で表します。例えば、レストランでゆったりと食事の場合は、500Luxほどに設定しましょう。バーならばもう少し暗くて300Lux。
ファミリー向けのお店なら明るく700Luxすると良いでしょう。
それから、色温度。K(ケルビン)という単位で表されます。
色温度が高い(太陽光5000K)と清潔感を感じ、集中力が高まる効果もあります。
低い(白熱電球・ろうそく2000K)とリラックス目的の飲食店とだいだい分けることができます。
低い色温度だと温かみを感じ、なおかつ料理も美味しそうに見えます。

照明度、色温度を理解し、店舗の目的別に照明を考えていくと、より具体的なプランを立てることができます。

例えば厨房などは、色温度を高めに設定し料理づくりに集中してもらうとか、反対に客席はグッと照明度と色温度を落としてリラックスしてもらう。
ランチの場合だと、色温度を高くし、明るさを強くするというプランも考えられます。
反対に色温度を低くし、暗めの照明を使えばゆったりとした空間を演出することも可能です。他にもバーカウンター、ムードたっぷりな客席と間接照明、ダウンライト、キャンドルライトなど、いろいろな方法を組み合わせて、店舗の空間を自在に演出することが可能です。

照明を自在に操りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です