色合い

近頃、増えてきたのがアースカラーを基調とした店舗デザイン。
有名なカフェグループや大手チェーン店でも、植物や自然をイメージしたカラーで攻めています。

この色合いの店舗は派手さよりも、落ち着き。
品を感じさせるといってもいいでしょう。

店舗のイメージは色で決まります。
回転率よりもくつろぎ感を重視したい場合は、やはりアースカラーを選ぶと良いようです。

 

飲食店などでは青や緑は使いづらい色といえます。
青や緑などの寒色には食欲を減退させる効果があると言われているからです。
一方で、気持ちを落ち着かせる効果があるので、使い分けていくと良いでしょう。

暖色系の赤や黄色などは、食欲増進の効果があります。
料理を美味しそうにみせてもくれます。
大手飲食チェーン店などのイメージ色に使われていることから、効果のほどが判るかと思います。

白系統のように明るい色は、開放感があります。
空間に広がりを見せたい場合に使ってみましょう。

茶色などは心を落ち着けてくれます。
一方で黒っぽいと圧迫感を感じることもあります。
これら色の感じ方を利用すれば、天井や壁は明色を使い、床は暗い色にすると、天井が高く店内に広がりを感じられます。
店舗巡りをしてみると、たくさんの店舗でこの色の組み合わせが使われていることがわかります。

 

もちろん椅子やテーブルの色合いにも気を配ってください。
目に入るモノすべてに、色の魔術をかけられるということです。
なので、カトラリーやテーブル周りの小物にも気を配りましょう。
色を意識すれば、いろいろな店舗演出ができます。

 

客層を意識した色使いも考えましょう。
ミドルやシニア層には黒などの濃い色を使って高級感を出してもよいですし、若い層や女性ならば、明るい色でクリーンなイメージを出し気楽な雰囲気を作るのも良いでしょう